腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療に力を入れています。

医療法人社団滋恵会 安藤整形外科

電話 044-811-2711

  1. HOME  > 
  2. 診療案内 陥入爪治療

陥入爪治療

巻き爪の治療(VHO)巻き爪は、さまざまな原因で爪の端が先端部で強く内側に湾曲した状態で、爪床や皮膚が食い込み痛みを引き起こすことがあります。

陥入爪は、深爪などが原因で爪の端が軟部組織を傷つけ炎症を起こし激しい痛みを引き起こした状態です。両者の合併も多く見られます。

VHO式矯正技術(自費)

出血がなく痛みがない治療法で施術当日から入浴や運動が可能です。

治療の概要

初診時

患者様の現在の爪の状況により、患者様にあった治療法を選択します。
施術日の日程を調整します。

施術日
  1. 専用のスチール鋼を爪の大きさに合わせて切り、爪の湾曲状態に合わせてワイヤーを湾曲させる。
  2. これを左右に引っ掛け専用のフックを用いて巻き上げ、固定する。
  3. 余分なワイヤーをカットした後、人工爪でワイヤーの部分をカバーする。

爪の横に引っ掛けたワイヤーは、一見、食い込んで痛いように見えますが、血管が走っている真皮内まで突き刺すわけではないため痛みや出血は殆どありません。15分程度の処置です。

固定したワイヤーは爪の伸びと共に前方に移動するので、施術して3ヶ月後くらいに付け替えを行います。これを半年から一年くらいかけて矯正していきます。

[写真提供:VAN産商(株)]

巻き爪(VHO)の診察日

加藤昌代医師の外来担当日となります。外来担当予定表はこちら
変更する場合がございますので、外来担当医変更をご確認ください。

診療案内

Facebook

シニア体操教室

治験モニター募集

求人情報

MRI

交通事故に遭われた方へ